カテゴリー「House」の8件の記事

House /ハウス マスミツケンタロウさん
革のポーチ




             House

           “Leather pouch”

  



House_p1



House_p2



House_p3



House_p4



House_p5





House /ハウス マスミツケンタロウさんの 革のポーチ

なんとも表情のある革を使って作られた

無骨さもあり 可愛いらしさもあるポーチ

ショルダーのヒモの長さを調節できる真鍮の金具と

ファスナーを開け閉めしやすいように付いている真鍮のモノ

それぞれアクセサリーのように丁寧に仕上げられています

“ポケット代わりの肩掛け ”とのことで

増満さん ご本人は お財布として使ってらっしゃるそう

携帯電話を入れたり ちょこっとした“何か”をいれたり

いつも持ち歩きたくなるようなポーチです



House_p6





House.

“Leather pouch”

size : 横17cm(下部は14.5cmくらい)× 縦8cm
price : ¥ 11,550-


House. / ハウス の商品 は こちらから



contact:e-mail     bowlpondplatz@yahoo.co.jp
         tel   06・6585・7555





| | コメント (0) | トラックバック (0)

bird songs -マスミツケンタロウ展 〈itohenにて〉



Masumitsu01_icon1_2



先日ご紹介しました House の 革スリッパ
“マスミツケンタロウ”さんが
大阪の中崎町にある【itohen / いとへん】さんにて
bird songs -マスミツケンタロウ展 を開催されています

itohenさんには
美味しいコーヒーやフレンチトーストなどもありますので
マスミツさんの感覚を優先したアートワークを
ぜひ体験してみてください



House. 増満兼太郎展
KENTAROU MASUMITSU SOLO EXHIBITION
2013年7月17日(水)~28日(日)

(いとへん Books Gallery Coffee)

open 12:00-19:00(展覧会最終日は18時まで)
月・火曜 定休日
〒531-0073 大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F
Tel 06-6292-2812





| | コメント (0) | トラックバック (0)

House. / ハウス
革のスリッパ



             House.

          “Leather slippers”

 


Img_5558



Img_5567



Img_5561



Img_5563





House. / ハウス の革のスリッパが

久しぶりに入荷しました

スリッパの上部と革底の2つのパーツで構成されている

シンプルなスリッパ

マスミツさん曰く

“靴下の延長として制作している軽いスリッパ”は

履く程に柔らかく馴染んでいきます

丁寧に作られている シンプルなデザインのスリッパたち

お気に入りの革の色を選んでくださいね





Img_5606



Img_5607



Img_5608






House.

“Leather slippers”

Leather 100%
size : M(23.5〜25cm)
     L(25.5〜27cm)
price : ¥3,675-


House. / ハウス の商品 は こちらから



contact:e-mail     bowlpondplatz@yahoo.co.jp
         tel   06・6585・7555




| | コメント (0) | トラックバック (0)

House. / ハウス マスミツさん
床の鞄 ショルダー



              House.
           Leather shoulder bag




Hou_pouch1_2




Hou_pouch2_2




House. 増満兼太郎さん作の

床の鞄のショルダータイプ


マスミツさんは 靴や鞄・真鍮の飾り など

革を中心に色んな素材を使って

小さなオブジェからカバンや靴など

使うことが楽しくなる日々の道具を制作されています


床の鞄は

ヌメ革の表の革を削いだ床革を使用していて

ひとつひとつ表情が違っています

わざと革の粗い部分を残していたりと

1点モノの存在感のあるバッグ




Hou_pouch3_4




鞄の底の部分は白くペイントされていて

底の革は厚手で がっちりとしていますが

微妙にまあるく弧を描くように

木型に合わせて形を整えています




Hou_pouch8_3




マスミツさんの作品は制作過程で

所々に遊び心が感じられますが

こちらのバッグは 水玉模様のように丸い型押しが入っていて

打ち込まれている金具もお手製なのです




Hou_pouch4_2




Hou_pouch6




革に柿渋仕上げを施しているので

だんだんと使い続けるうちに革の色が濃く変化していきます




Hou_pouch7



少し小さめのポシェット型


※6/10〜東京のGASAで
 マスミツさんの個展が開催されます



House.
“Leather shoulder bag ”

Leather100%
size : 22cm×18.5cm

   ¥23,100 (tax in)




Hou_pouch9_2



MASUMITSU KENTARO EXHIBITION
『human + nature』

2011年6月10日(Fri)〜6月19日(Sun)
12:00- 20:00
GASA*inc
〒108-0071
東京都港区白金台3-17-4







| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の手仕事 & 天然生活



Teshigoto1


ゴールデンウィーク後半ですね

水曜日は通常は定休日なのですが

明日5月4日(水)は お店をオープンしております

どうぞお近くに起こしの際はお立ち寄りくださいませ


現在発売中の雑誌

“東京の手仕事”と“天然生活”に

ボウルポンドプラッツで作品を扱わせて頂いている

作家さんが掲載されています


Teshigoto2


エルマガジン社“もっと 東京の手仕事”に掲載されている

ANEMONEさんの金属のアクセサリー

左のページにはご本人も載ってらっしゃいます

以前伺わせて頂きましたが

素敵な工房には興味深いモノ達がたくさんありました


Teshigoto3


Houseのマスミツさんの 革のスリッパ達も掲載されています


Tennen1_2


こちらは おなじみの“天然生活”6月号(vol.77)


Tennen2_2


こちらにも Houseのマスミツさん

マスミツさんの工房へも

何度か遊びに伺わせて頂いていますが

たくさんの作品が並ぶ工房の空気感が心地良く

お邪魔かと思いつつも つい長居をしてしまいます


Tennen3


それと現在Bowl Pond Platzで開催中の“布展”でも並んでいる

HPE 谷 由起子さんによる レンテン族のバッグも

掲載されています


今月号は特集が“心に残る 日本の手仕事”とのことで

興味深い作品や素敵な方々が載っていて

見所満載です

個人的に好きなお店で

野菜本来の味を引き出した料理がとっても美味しい

西荻窪にある“たべごと屋 のらぼう”の

店主さんによる 夏野菜のレシピもあって おすすめです


本屋さんで見かけられたら

ぜひ手に取ってみてください







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハウスとエミオワス展



House1_4




ボウルポンドプラッツでも取り扱わせて頂いている

革のバッグやスリッパの“House”


革と金属・木型と紙型などの色々な方法と素材を組み合わせて 

靴・鞄・その他 使いたい生活道具や装身具を

手作業で制作されているマスミツさんと

タイ・ラオス・インド で モノづくりをされている

“えみおわす”のお二人が 京都の恵文社にて

【ハウスとエミオワス展】を 明日より開催されます


昨年の夏の季節に

東京は神楽坂の“gallery La Ronde d'Argile”でも

開催されていた ハウスとエミオワス展

とても雰囲気のある建物が印象的でした


京都の恵文社での展示も楽しみです

お近くに行かれる方は是非行ってみて下さい


ハウスとエミオワス展
日時:2010年10月12日(火)ー 25日(月)
10:00 - 22:00(最終日は18:00まで)

恵文社一乗寺店/ギャラリーアンフェール
606-8184 京都市左京区払殿町10
tel/fax075-711-5919







| | コメント (0) | トラックバック (0)

House / マスミツ ケンタロウさん
革スリッパ



               House
              Leather slippers




Hou_sl5




革の素材を中心に使って作品を作ってらっしゃる

House マスミツさん が作った 革のスリッパ




Hou_sl2




Hou_sl3




スリッパの上部と革底の

2つのパーツで構成されているシンプルなスリッパ

履く程に柔らかく馴染んでいきます


デザインはシンプルですが

丁寧に作られているからか どこか愛らしい

お気に入りの革の色を選んで

そのまま外へも出かけてしまいそうな気持ちに・・・


底は2.5mmと薄くて マスミツさん曰く

“靴下の延長として制作している軽いスリッパ”

だそうですが

日々の暮らしを大切にしている方への

プレゼントにもおすすめです




Hou_sl6




House
“革のスリッパ”

Leather 100%
Color : white / brown / gray / green / blue
Size:M : 23.5〜25cm
   ¥3,675


contact:e-mail  bowlpondplatz@yahoo.co.jp
       tel   06・6585・7555







| | コメント (0) | トラックバック (0)

House / ハウス
マスミツケンタロウさん トートバッグ



            House
            TOTE BAG




Hou_tote2




梅雨が明けたようで カラっとした空気

お天気がいいので 暑い日射しは さておき

お出かけしたい気分です


そんな時に一緒に連れて行きたくなるようなバッグ

House / ハウス(マスミツケンタロウさん) の トートバッグ




Hou_tote1_2




“House”は 増満兼太郎さんが 東京は国分寺のアトリエで

革・金属・木・廃材など色んな素材を使って

モノをつくるコトをされています


マスミツさんが書いた House の文字

さらっと書かれているようですが

文字が描かれた“間”の取り方や文字の大きさなど

絶妙な感覚を持ってらっしゃる方




Hou_tote3




Hou_tote5




Hou_tote6




Hou_tote7




Hou_tote8




バッグの底は 靴を作る時のように

まずは木型に合わせて形を整えていき

ひとつひとつ丁寧に縫っています

木型を使っているのでバッグの形は同じなのですが

その時々で底の色や糸の色を変えていたりと

マスミツさんの感覚次第で それぞれ微妙に違います



マスミツさんのアトリエは興味深いモノが多く

お会いする度に いつも楽しく そして真面目に

お話させて頂きますが 居心地が良いのか

ついつい長居をしてしまいます




Hou_tote9_2



マスミツさんのアトリエにて(バッグの木型)




House
“TOTE BAG”

Cow Leather
Color : BLUE / GREEN / WHITE
Size:H28cm W20cm D13cm
   ¥14,700(tax in)


contact:e-mail  bowlpondplatz@yahoo.co.jp
       tel   06・6585・7555







| | コメント (0) | トラックバック (0)