« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の6件の記事

紙のもの(マスキングテープ 等)

先日、旅行でイタリアから来られた方(男性)
が、bowl pond platz の看板&レトロなビルの風景を見て
お店に上がって来てくださいました。

みなさんご存知の通り?
ボールポンドプラッツは、大阪・本町の丼池筋にある
MERMAIDビルという、通りから奥まった庭の奥にある
ビルの2Fで
しかも、1Fのカフェの奥に階段があるのです。。。

初めて大阪に来られて、しかも丼池筋という
大阪の問屋街にヨーロッパの外国から来たお客様。

マーメイドビルのレトロな雰囲気に引き寄せられたのでしょうか!?
なぜかフランスのキーホルダーを買ってくださいました。

bowl pond platz 入荷アイテムのご案内です。
本日は、紙ものです。
倉敷意匠+井上陽子さんのクラフトパーツ。
マスキングテープや宛名ラベルが入荷しております。

Paper1_2
オールドブック・コラージュ・数字・
曜日のマスキングテープ。

お好きな色や柄のテープで、自分だけの
オリジナルなノートや手帳を作ってみたり
お友達にプレゼントしてみてはいかがでしょうか!

紙ものつながりで、
「Number 62」のギフトラッピングやカード、コースターや
メイクノート テイクノート(ノートブック製本キット)
が入荷致しました。

Number62_2

Takenote_5
□Gift Wrap 
 サイズ: W515mm × H728mm
 ¥420(税込)
□Gift Card
 サイズ: W100mm x H148mm(広げた場合:W200mm x H148mm )
 ¥315(税込)
□Coaster
 サイズ: 90mmø  8枚セット(各種類4枚ずつ)
 ¥630(税込)
□make note take note
 内容物:A5サイズ紙8枚(8枚の紙は全てランダムに選ばれます)、
 カバー用紙、製本用糸、説明書、Number62特製オマケたち(ステッカーなど)
 ¥1,890(税込)
 

ギフトラッピング用紙は、贈り物にはもちろんですが、
ブックカバーにも使えます。

Number 62 は、国内はもとより海外でも活躍する
クリエイティブユニット Bob Foundation さんによる
ペーパーブランドです。
一目で気持ちが伝わるような包装や装飾、
手書きの手紙などを大切にしてらっしゃって、
ラッピングペーパーやレターセット、ギフトカードなどの
紙ものを中心に提案されています。

以前、東京の国立新美術館内スーベニアフロムトーキョー
にて「Number 62」国内初となるイベントを
開催されておりました。
これから気になるブランドです。

当店へのお問い合わせは、
TEL : 06-6110-5002 まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Information 〜 倉敷意匠 分室

ただいま発売されている雑誌に
bppで取り扱っている商品の掲載がありますので
お知らせ致します。

Zb_901_3  

まず、「自転車日和」vol9 (P17)に
CHUMS(チャムス)の
ハリケーンデイパックスウェット(へザーグレー)
が掲載されています。

Chums_hdpsw_
シンプルなデザインが人気のチャムスの定番

スウェット素材のデイパック。
サイズ 44×30 ×12cm
¥8,295

もう一つ、
「Lingkaran(リンカラン)」vol.37[9月号]のP67に
ツバメノート+mitsouさん+倉敷意匠のコラボ商品、
A5サイズの大学ノート(8mm罫線)が
辻 祥江さんのおすすめで紹介されています。

Lingkaran_037_3

ツバメノートとは、
元祖大学ノートを50年以上の長きに渡って
デザインを変えずに作り続けている
老舗のノートメーカーです。

海外ではコンラン卿やアニエスb.さんも
ツバメファンとして有名だそうです。

倉敷意匠 分室の商品は、
大阪市内では唯一('08.8月現在)
bowl pond platzでのみ取り扱っております。

昔ながらの熟練された手仕事を守る職人さんや、
当店でもお馴染みの 関美穂子さんのモノなど
若い作家さんたちとのコラボレーションで
作られるオリジナル雑貨 等を扱ってらっしゃいます。

今週末には、人気の マスキングテープ の
入荷予定もありますので、
一度手に取って、見にいらしてください。

当店へのお問い合わせは、
TEL : 06-6110-5002 まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車ツアー

本町の家具屋うたたねさんの年間行事、自転車ツアーに
相乗りしまして、チームうたたね5名、
prism-tailor1名、bowlpondplatzから1名の計7名にて
宇治まで自転車で、かき氷を食べに行きました。

うたたねさんのアメとムチにより片道約50Km、
計約100Kmを満身創痍でなんとか完走、
うたたね3楽坊の体力に脱帽です。

Utatane1

行きは良い良い、淀川沿いを抜けてふわりふわり。
暑い照り返しの中、汗と共に日頃の悪い物が蒸発。
長く緩やかな坂道をくいしばって登りきり、
木陰のダム沿いをしゃりりんと下れば
休憩入れて五時間で到着。

美味しいかき氷のあと、平等院へ散策し、10円玉の裏と
建物をまじまじと見比べました。

Utatane2

さてさて帰りはコワい、こげどもこげども着きません。
見慣れた風景になっても近くて遠い。
でもそこはイベントの醍醐味。
笑顔は忘れず、へこたれません。

うたたねさんの商品のぬくもりの根源に
触れた楽しい一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トレイ&ローテーブル

トレイ&ローテーブルが完成しました。

天板は、お客様のガラスの天板を使い、
それに合う脚のご注文でした。
Traytable
W1000×D400×H360
テーブル-13角の黒皮無垢棒
トレイ-SPHC(黒皮) t3.2
黒染めの後バーナーであぶり、蜜蝋で仕上げました。
今回は無垢材でしたので、蜜蝋を溶かすための
温度ではなく、鉄に蜜蝋を染みこませる温度まで
温めました。蜜蝋ですので無害ですし、
後々メンテナンスがしやすいのが利点です。
少し錆やすいけれども普段使いなら十分です。

Traytable2
トレイは1枚でしたので機械曲げせずに
溶接で側板を起こしてみました。
裏の脚をガイドと兼任にしており、
中間棚でスライド出来ますので実用的です。

お店にはまだまだ定番商品がそろっておらず、
お互いのイメージがずれないように、ひとつの
不安も無いように、図面とイメージスケッチと
仕上げサンプルでご説明さして頂いております。
しかし、まだ見ぬものを注文することは、
大変勇気がいることだと思いますし、
快諾頂けることに大変ありがたく思います。

素敵に明朗でこだわりのある方との出会いに感謝し、
打ち合わせ中のシェルフも大変楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どちらにするか・・・

高田渡さんの聖地?吉祥寺のいせやに巡業です。

カフェ・マーサで高田渡を知り、
何の因果か、その次の日にサンダーボルト書林で
「タカダワタル的」を鑑賞。

誰かが、良い意味で?
「まねしちゃだめよっ。」と言っていたのを
肝に銘じながら、脳みそがやられた感覚に
なりました。

080802

高田さんがよく飲みに行っていた吉祥寺の
井の頭公園真横にある「いせや(居酒屋)」。
(高田さんが良く行っていたのは本店。公園横は支店。)

聖地?に着くとそこにあったのは隣にスタバです・・・

暑すぎてどっちに入るか迷ってしまいました。

焼き鳥の煙に包まれて汗をかきながらの昼ビールか、
クーラーの中で涼しげにコーヒーフラペチーノか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し前になりますが、
週末の午前中に長居公園の植物園へ
「蓮」を見に行ってきました。

長居植物園での「蓮」の見頃は、ぎりぎりだったのですが、
行ってみると奇麗な蓮の花が咲いていました!

Hasu2

Hasutosora

蓮の花は、朝早く開き午後3時頃には閉じるそうです。

なので開園時間の午前9時30分過ぎ頃に行くと
すでに大きな一眼レフのカメラを抱えた方達が・・・

一年の内で7月〜8月頃に花を咲かせる蓮。

桜の花はもちろんですが、
季節限定、その時期だけというのは
何事にも魅力があるものです。

Hasunohana

Kokage

長居植物園は、ずいぶん昔に訪れたっきりで
久方ぶりだったのですが、だいぶ楽しめる場所で、
もう少しゆっくり観てみたいと思いました。
また近々出没しようと企んでいます。

次回は ひょうたん を観察しに行ってみます。


Akatonbo
□最近、大阪ではあまり見なくなった「赤とんぼ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »